続 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ガマ、イグサ&シロヤマギク

<<   作成日時 : 2014/07/19 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 20

西谷の森で

ガマ(蒲) ガマ科
 伝説「因幡の白ウサギ」に出てくる蒲です。
 蒲の穂には 傷を治す効果があったようです。
 
画像


イグサ イグサ科
 畳表に使用されます。
画像


シロヤマギク(白山菊) キク科
 別名 ムコナ(婿菜) 
     春のヨメナ(嫁菜)にたいしてムコナと呼ばれ食用にされるそうです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
 鰐鮫に毛を毟られて、痛さのあまりのけぞったという、イナバウァー??の白兎は神代の昔から有名なおはなしですよね。ガマの花粉は蒲黄という止血の薬だったようです。

 腹が減ってはいぐさは編めぬ、ということですが、畳表にするには沢山必要ですので手間がかかりますよね。

 シラヤマギクももう咲きだしていますか。ひょうひょうとした趣ですよね。
なおさん
2014/07/19 06:07
イグサは熊本郊外の球磨川付近でで沢山栽培されているのを見ました。
 子供の頃束にしたいグサが池に放り込んであるのを見ました。青い粘土がある池で、イグサが青く染まるのだと聞きました。
寿々木
2014/07/19 08:02
こんな花穂ができるのはガマの仲間だけかもね。蒲鉾の語源になった姿でもありますね。
長さん
2014/07/19 08:38
こんにちは!
シロヤマギクの優しい姿が良いです。5年目にして出会ったトンボソウ、驚きと感激が伝わって来ました。
信徳
2014/07/19 08:40
お早うございます
ガマって何か魅力的な
植物ですね、
すーちん
2014/07/19 09:43
 ガマの穂は因幡の白ウサギで有名ですね。
 白兎海岸に行ったとき、ワニザメが並んでいるように見えましたので、神話が生まれた根拠が分かりました。
 イグサ、新しい畳表のイグサの香りは格別ですね。
 
mori-sanpo
2014/07/19 10:18
 イグサには妙な思い出があります。戦後間もないころ家の畳替えをすることになりましたがどこにも材料がありません。そこで祖父が自分でイグサを作ると言い出したのです。ところが我が家には田圃がありません。そこで畑で作ることにしました。どこで手に入れたのか知りませんがとにかくイグサを作ったのです。3角形の茎を2つ割りにして天日で干し畳屋さんに頼んで何とか畳表が出来ました。
 現在は畳の部屋を作る人も少なくイグサの生産も減りましたがウソのような本当の話です。
river
2014/07/19 10:25
<なおさん>
昔の伝説 ガマの穂に血止めの作用のあること知っていたのですね。面白いです。

イグサ 今も栽培されているのでしょうね。畳表を作るには相当必要になりますね。

シラヤマギク おっしゃるようにひょうひょうとしたところがあります。
感じが他の菊と異なるので間違いませんです。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 10:28
<寿々木>さん
イグサ 青く新鮮さを出すために青い粘土の池につけておくのですか、面白い事するのですね。気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 10:32
<長さん>
茶色の花穂 蛾なの仲間だけではないでしょうか。
白い真綿が散るころも面白い雰囲気があります。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 10:35
<信徳>さん
こんにちは
シラヤマギク 野菊では先駆けて咲きますね。
ひょうひょうとした雰囲気があり間違いませんです。

蜻蛉草地味ですが、蘭特有の変わった形です。
shuuter
2014/07/19 10:38
<すーちん>さん
こんにちは
ガマ の花穂 変わった形です。
白い真綿の様な種子が飛び散るころも 面白いです。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 10:41
<mori-sanpo>さん
白兎海岸 に行かれたことありますか。
海岸の様子 ワニザメが並んでいるのですね。

イグサの香いいものですね。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 10:45
<river>さん
お父さん 愉快な人ですね。
イグサを自分で栽培して畳表っを作られたのですか。
お父さんの一徹さ どなたかが引き継いでいるように思います。
shuuter
2014/07/19 10:49
こんにちは

そのままてっばんで焼けば
ホットドックソーセージだ
ガマの穂は触りたくなります
無門
2014/07/19 14:05
こんにちは
ガマの穂が見られる様に成り
ましたね、血止めや傷に効くと
されて因幡の白兎に出てきたの
ですか昔の人々は良く知っていた
のですね。
シロヤマギクはムコナとして食用に
出来るのですか初めて知りました。
goki
2014/07/19 14:26
<無門>さん
こんにちは
蒲の穂 これで花ですよね。
面白いです。
あきには種子が真綿状になって飛び散ります。
面白い雰囲気になります。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 18:55
<goki>さん
こんにちは
昔からガマの穂が傷に利くこと知っていたのですね。

白山菊 ひょうひょうとしていて間違わない菊です。食用にもなるようです。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 18:59
こんばんは。
シロヤマギクは春のヨメナに対して、ムコナと呼ばれるのですね。
食用にもなるのですね。
初めて知りましたが探してみたいと思います。
ぽぽ
2014/07/19 21:26
<ぽぽ>さん
こんばんは
白山菊 婿菜と呼ばれるようで、食べられるようです。
ひょうひょうとした菊でわかりやすいと思います。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/19 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガマ、イグサ&シロヤマギク  続 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる