続 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クマツヅラ、、シロヤマギク&サジガンクビソウ

<<   作成日時 : 2014/07/29 04:12   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 16

西谷の森で

クマツヅラ(熊葛) クマツヅラ科 ?
 全国の道端に生えると書かれています。
 わたくしには馴染みが薄く これで2回目です。
 枝の細い目立たない花ですので見逃しているのでしょうか。

 長さんから? 指摘されました。正しい名前を分かる人教えてください。
 葉の写真を追加いたします。
 わかる人ご検討ください。
画像</

画像


シラヤマギク(白山菊) キク科
 咲き始めをすでに貼り付けています。
 元気にひょうひょうとした姿で
 群れてさいていました。

画像


サジガンクビソウ(匙雁首草) キク科
 下向きに花咲かせます。地味な目立たない花です。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
3つ編みのおさげにリボンをつけたようなクマツヅラの花が可愛らしいですよね。そうそうどこにでもあるものではないようで、僕もなかなか見る機会がないです。

 シラヤマギクはムコナともいい、わかい葉が山菜になるそうですが、僕は食べたことがないのです。

 煙管の雁首も時代劇や博物館などで見るだけですねえ。
なおさん
2014/07/29 05:10
<なおさん>
クマツヅラ 3つ編みにリボンの表現 ピッタシです。見る機会が少ないです。

秋の菊が咲きだすでしょう。その先方がシラヤマギクですかね。

煙管の雁首 見る機会がありませんです。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/29 08:26
 シラヤマギク、ひっそりとさいていて可愛いですね。
 サジガンクビソウが咲き出しましたか、こちらの里見公園内の明戸古墳の石垣の上に、毎年咲きますので、また今年も下から見上げてみたいものです。
mori-sanpo
2014/07/29 08:31
<mori-sanpo>さん
シラヤマギク 群れて咲くさま爽やかです。
野菊が咲き始めました。秋の気配をつたえます。

匙雁首草 今の子供は煙管を見たことないでしょうね。昔は爺さんが日なったボッコしながら煙管を噴かしていました。
shuuter
2014/07/29 08:57
このクマツヅラは私が見たことがあるクマツヅラとはかなり印象が違いました。花茎がこんなに分枝しているのは初めて見ます。葉に切れ込みがないのもちょっと気になりました。
サジガンクビソウはよく見つかりましたね。
長さん
2014/07/29 09:43
 クマツヅラは不勉強のため名前を知りませんでした。この植物は平安時代(931〜938)に編纂された「和名類聚抄」に「久末都々良」として登場することが分かりました。当時から薬草として知られたようです。乾燥したものは「馬鞭草」として漢方薬です。
 そこで手持ちのハーブの本で調べたところ地中海原産のバーベインと同じことが分かりました。欧州では「聖なるハーブ」と呼ばれるようです。キリストの傷の出血を止めたと言われキリスト教ではあらゆる災いを退け、身体を清める薬草とみなされています。
river
2014/07/29 09:49
お早うございます
サジガンクビソウ、長い
くびに見えますね
すーちん
2014/07/29 09:58
<長さん>
疑問のあるまま貼り付けるといけませんです。
?です。サジガンクビソウ 当方では普通に見かけます。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/29 16:47
こんにちは

人間には目立たなくても
その花の姿は
この自然にはなくてならないもの
神様は見ているのでしょうね
無門
2014/07/29 16:47
<river>さん
クマツヅラは ?です。
教えて頂きたく思います。
shuuter
2014/07/29 16:49
<すーちん>さん
こんにちは
煙管はみなくなりました。今の子供は知らないでしょうね。
煙管 雁首に似ていますね。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/29 16:53
<無門>さん
こんにちは
人には植物は欠かせない友です。
その花を追い続けているのですから、幸せというべきでしょう。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/29 16:56
 たびたびオソレいります。北アメリカ原産の帰化植物でハマクマツヅラというのもあるそうですが、雰囲気は画像のと似ていますね。いかがなものでしょうか。
なおさん
2014/07/29 20:53
<なおさん>
何度もお越しいただき有難うございます。
ハマクマツヅラの花は花穂の上の方から咲いていくようです。花は紫です。
写真の花は白色で下の方にも開いています。

葉の鋸歯の状態も違うように思います。

ハマクマツヅラではないとおもうのですが。
shuuter
2014/07/29 22:00
こんばんは。
シロヤマギクは見たことがあります。
なかなか小さくて可愛い花ですね〜。
サシガンクビソウは首が長い花なのですね。
ぽぽ
2014/07/29 22:01
<ぽぽ>さん
こんばんは
白ヤマギク 野菊の花が咲きだしました。
この菊は分かりやすくて、また1番手で咲いてくれます。

サジガンクビソウ 首が長いですね。
当方では里山で良く見かける花です。
気持ち玉付けて頂き有難うございます。
shuuter
2014/07/29 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
クマツヅラ、、シロヤマギク&サジガンクビソウ  続 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる